相続税や贈与税の対策


税理士相続税とは、亡くなった人の財産を受け取るときに課される税金です。相続した財産の金額が一定額以下であれば、相続税は課されませんし、税務署への申告も必要ありません。

相続税を支払う必要がある場合は、故人が亡くなったことを知った日(通常は亡くなった日)の翌日から、十ヶ月以内に、被相続人が亡くなったときに住んでいた地域の所轄税務署に申告する必要があります。納税も同様です。申告の期限が過ぎてしまうと加算税が、納税の期限が過ぎてしまうと延滞税が課されることになっています。

この相続税の税金対策はいくつかあります。課税財産を、非課税財産に切り替えてしまうのは方法のひとつ。墓地や生命保険、退職手当金などは、非課税対象です。現金や預金、有価証券を圧縮したり、小規模宅地の評価が減ることを利用して、節税を行うこともできます。相続人を増やすことも手法のひとつですが、性質上難しい場合もあります。

贈与税は、資産を贈与された場合に課される税金です。贈与額3500万円までは、無課税で贈与できる「相続時清算課税制度」が制定されているため、この仕組みを利用して税金対策をすることができます。生前贈与特例を使って、不動産を取得する方法もこのひとつです。しかし、安易に1人で行ってしますとさらに税金を取られる可能性があります。専門家である税理士などに相談するようにしましょう。

関連リンク・・・相続相談
└相続税対策の相談ができる税理士事務所のサイトです。

 

ue reading »',

所得税の対策


確定申告所得税とは、個人に課される税金です。収入所得に関わる税金であり、日本の国税の中では、法人税と並んで租税体系の根幹となっています。この場合の「所得」とは、現金に限ったものではなく、「人が得た経済的利得」と定められているため、物品や権利等も含まれています。

毎年管轄の税務署に申告する必要があり、これが「確定申告」と呼ばれるものです。所得によって算出方法が異なってくるため、きちんとした知識を持って申告をしないと、不本意な形でペナルティーを課されることもあります。それくらい重要な税金です。

この「所得税」の税金対策のひとつとして、不動産投資が挙げられます。一般に仕事をしながらでもできる投資方法としてメジャーであり、コンサルタント業者も多く存在しているので、比較的実行しやすい節税方法であると言えるでしょう。賃貸経営や駐車場経営などがあります。投資、経営にかかる諸費用の差額を、税務上の赤字とした場合に活用できます。つまり損益通算を利用することで、所得の合計額を減らすことができるのです。所得税のほかに、地方税の節税対策としても有効です。確定申告をすることで、現前を納税したあと、還付を受けることができるというわけですね。

ue reading »',

法人税の対策


法人税は、直接税の中の「取得税」に含まれる税金です。株式会社や有限会社などの、法人の所得に課される税金のことを言います。
男性法人税の税金対策のひとつに、経営サイドの家族の人件費をあげることが挙げられます。職務実態があれば、家族の人件費をあげることで、節税をすることができます。実態がない状態で行ってしまうと、当然ながら問題なので注意してください。

意外なところでは、社員旅行にいくというのも、節税対策のひとつ。社員旅行にかかった費用というのは、福利厚生として、販売費や一般管理費に含まれることになっているのです。社員旅行という楽しみは、従業員にとっても良いものですし、更に税金対策もできるという一朝一夕の方法となっています。社員旅行に関わらず、交通費や出張費、借り上げ住宅などの福利厚生を充実させるのも、有効な節税方法となっています。

同様に、交際費でバランスをとる手法もあります。接待費や機密費などに経費を使うことで、税金対策をすることができます。中元歳暮なども含まれますね。注意しなくてはいけないのは、交際費のライン引きは厳密になっているので、「これは交際費ではない」という項目が多種あるというと。そして、全額経費にはならないということです。

ue reading »',

税金対策で過ごしやすく


頭抱える私たちは日々様々な税金を支払っています。支払う対象は、国であったり、都道府県であったり、市町村であったりします。生活する上で支払わなくてはいけない税金もあれば、買い物をすることで支払う税金もありますし、嗜好品にかけられている税金もあります。商売をする人が支払う税金もあれば、働いている人は誰でもあさめなくてはいけない税金もあります。 もちろん、税金は義務ではありますが、必要のないお金はできるだけ払いたくないものです

効果的な税金対策を知っていることで、無駄な出費を防ぐことが出来るのです法人税の対策には、家族の人件費をあげるというテクニックがあります。勤務の実態があれば、この方法は違法でもなんでもありません。社員旅行で税金対策をすることもできます。社員にとっても嬉しいシステムですし、出費を抑える方法としても使えます。

所得税の対策には不動産などの投資によって税金対策をすることができますし、相続税は、アパートやマンションの経営によって税金対策をとることができます。贈与税であれば、生前贈与特例で対策がとれます。身近な消費税は、給料を外注費用化することで節税することができるように、税金対策はちょっとした工夫から、法的な措置まで、あらゆる方面からアプローチして行くことができるのです
当サイトでは、様々な税金や効果的な税金対策の方法について紹介していきます。あなたも節税によって、より暮らしやすい生活を手に入れていきましょう。

ue reading »',