所得税の対策


確定申告所得税とは、個人に課される税金です。収入所得に関わる税金であり、日本の国税の中では、法人税と並んで租税体系の根幹となっています。この場合の「所得」とは、現金に限ったものではなく、「人が得た経済的利得」と定められているため、物品や権利等も含まれています。

毎年管轄の税務署に申告する必要があり、これが「確定申告」と呼ばれるものです。所得によって算出方法が異なってくるため、きちんとした知識を持って申告をしないと、不本意な形でペナルティーを課されることもあります。それくらい重要な税金です。

この「所得税」の税金対策のひとつとして、不動産投資が挙げられます。一般に仕事をしながらでもできる投資方法としてメジャーであり、コンサルタント業者も多く存在しているので、比較的実行しやすい節税方法であると言えるでしょう。賃貸経営や駐車場経営などがあります。投資、経営にかかる諸費用の差額を、税務上の赤字とした場合に活用できます。つまり損益通算を利用することで、所得の合計額を減らすことができるのです。所得税のほかに、地方税の節税対策としても有効です。確定申告をすることで、現前を納税したあと、還付を受けることができるというわけですね。