法人税の対策


法人税は、直接税の中の「取得税」に含まれる税金です。株式会社や有限会社などの、法人の所得に課される税金のことを言います。
男性法人税の税金対策のひとつに、経営サイドの家族の人件費をあげることが挙げられます。職務実態があれば、家族の人件費をあげることで、節税をすることができます。実態がない状態で行ってしまうと、当然ながら問題なので注意してください。

意外なところでは、社員旅行にいくというのも、節税対策のひとつ。社員旅行にかかった費用というのは、福利厚生として、販売費や一般管理費に含まれることになっているのです。社員旅行という楽しみは、従業員にとっても良いものですし、更に税金対策もできるという一朝一夕の方法となっています。社員旅行に関わらず、交通費や出張費、借り上げ住宅などの福利厚生を充実させるのも、有効な節税方法となっています。

同様に、交際費でバランスをとる手法もあります。接待費や機密費などに経費を使うことで、税金対策をすることができます。中元歳暮なども含まれますね。注意しなくてはいけないのは、交際費のライン引きは厳密になっているので、「これは交際費ではない」という項目が多種あるというと。そして、全額経費にはならないということです。