相続税や贈与税の対策


税理士相続税とは、亡くなった人の財産を受け取るときに課される税金です。相続した財産の金額が一定額以下であれば、相続税は課されませんし、税務署への申告も必要ありません。

相続税を支払う必要がある場合は、故人が亡くなったことを知った日(通常は亡くなった日)の翌日から、十ヶ月以内に、被相続人が亡くなったときに住んでいた地域の所轄税務署に申告する必要があります。納税も同様です。申告の期限が過ぎてしまうと加算税が、納税の期限が過ぎてしまうと延滞税が課されることになっています。

この相続税の税金対策はいくつかあります。課税財産を、非課税財産に切り替えてしまうのは方法のひとつ。墓地や生命保険、退職手当金などは、非課税対象です。現金や預金、有価証券を圧縮したり、小規模宅地の評価が減ることを利用して、節税を行うこともできます。相続人を増やすことも手法のひとつですが、性質上難しい場合もあります。

贈与税は、資産を贈与された場合に課される税金です。贈与額3500万円までは、無課税で贈与できる「相続時清算課税制度」が制定されているため、この仕組みを利用して税金対策をすることができます。生前贈与特例を使って、不動産を取得する方法もこのひとつです。しかし、安易に1人で行ってしますとさらに税金を取られる可能性があります。専門家である税理士などに相談するようにしましょう。

関連リンク・・・相続相談
└相続税対策の相談ができる税理士事務所のサイトです。